業績・著書

総説(抜粋)

2017 年

  1. 玉手 亮多, 上木 岳士, 北沢 侑造, 葛貫 森信, 渡邉 正義, 秋元 文, 吉田 亮:
    "光二量化により粘弾性を変化できるABAトリブロックコポリマーを基盤とした動的ハイドロゲルの創製と三次元細胞培養への応用",
    ネットワークポリマー 38 (2), 合成樹脂工業協会, 103-109 (2017).
  2. 吉田 亮:
    "自励振動高分子ゲルの進化-バルクゲル,ゲル微粒子,ベシクル,ミセル,ポリマーブラシ,ブロック共重合体などナノスケールサイズからバルクサイズまで-",
    現代化学, 印刷中, (2017).

2016 年

  1. Y.S. Kim, R. Tamate, A.M. Akimoto and R. Yoshida:
    "Recent developments in self-oscillating polymeric systems as smart materials: from polymers to bulk hydrogels",
    Mater. Horiz. in press (DOI: 10.1039/C6MH00435K) (2016).
  2. 金 娟秀,秋元 文,吉田 亮:
    "自励振動ゲルアクチュエータ",
    ソフトアクチュエータの材料・構成・応用技術(監修:安積欣志,奥崎秀典,鈴森康一) S&T出版, pp.52-60, (2016).
  3. 小野田実真,吉田 亮:
    "自励振動高分子ゲルの創製とネットワーク形成する分子集合体としての新展開",
    ネットワークポリマー 37, pp. 3-11 (2016).
  4. 増田 造,秋元 文,吉田 亮:
    "機能性高分子ゲル",
    インスツルメンテーションの視点からみたバイオミメティクス〜バイオミメティクス研究及び製品開発の動向と今後の展望〜(監修:下村政嗣) シーエムシー・リサーチ, pp. 224-232 (2016).
  5. T. Masuda, A.M. Akimoto and R. Yoshida:
    "Self-oscillating polymer materials",
    Biomaterials Nanoarchitectonics (Ed. M. Ebara) Elsevier, pp. 219-236 (2016).

2015 年

  1. 玉手亮多, 吉田 亮:
    "自律的な運動をする高分子ゲルの創製とそのアクチュエータへの応用",
    MATERIAL STAGE 15, 56-59 (2015).
  2. 吉田 亮:
    "自励振動高分子ゲルの創製",
    自己組織化マテリアルのフロンティア(編集:中西尚志) フロンティア出版, pp. 233-243 (2015).
  3. 吉田 亮:
    "「自励振動高分子ゲル」",
    錯体化学会誌 66, pp. 12-15 (2015).
  4. R. Yoshida:
    "Self-oscillating polymer gels as novel biomimetic materials",
    Biomimetic Technologies, Volume 2 - Actuators, robotics and integrated systems (Ed. Trung Dung Ngo), chapter 9 Elsevier, (2015).

2014 年

  1. 吉田 亮:
    "時空間機能をもつバイオミメティックな自励振動ゲルの創製とその展開",
    日本ゴム協会誌 87, 133-139 (2014).
  2. 上木岳士, 吉田亮:
    "ブロック共重合体の自己集合と時間構造化?散逸構造を導入した自己集合",
    化学 69, 76-77 (2014).
  3. 吉田 亮:
    "自励振動ゲル",
    ゲルテクノロジーハンドブック 機能設計・評価・シミュレーションから製造プロセス・製品化まで, エヌ・ティー・エス, pp. 159-166 (2014).

2013 年

  1. 吉田 亮:
    "自励振動高分子を用いたバイオミメティックマシンの創製",
    高分子 62, 123-125 (2013).
  2. 吉田 亮:
    "心筋細胞を模した自励振動ゲルの開発",
    化学と工業 66 (2), 111-113 (2013).
  3. R. Yoshida:
    "Self-oscillating polymer gels as smart materials",
    in World Scientific Lecture Notes in Complex Systems-vol.11 Engineering of Chemical Complexity (Ed., A.S. Mikhailov and G. Ertl) World Scientific, 169-185 (2013).
  4. R. Yoshida:
    "Novel biomimetic polymer gels exhibiting self-oscillation",
    in Responsive Membranes and Materials (Ed., D. Bhattacharyya and T. Schafer) John Wiley & Sons, 301-314 (2013).

2012 年

  1. R. Yoshida:
    "Self-oscillating gels beating like a heart muscle",
    BIOPHYSICS 8, 163-172 (2012).
  2. 吉田 亮:
    "自励振動ゲルの創製と新規バイオミメティック材料としての展開",
    超精密 18, 35-29 (2012).
  3. 吉田 亮:
    "自励振動ゲルの分子設計と機能発現",
    ファインケミカル 41 (9), 40-46 (2012).
  4. 吉田 亮:
    "自励振動ゲル",
    機能材料 32 (3), 43-49 (2012).
  5. 吉田 亮:
    "自励振動ゲル",
    わかりやすい透析工学の基礎(酒井清孝, 峰島三千男編) 南江堂, 170-175 (2012).

2011 年

  1. 吉田 亮:
    "心筋のように拍動する自励振動ゲル",
    生物物理 51-56 (2011).
  2. 吉田 亮:
    "光メカニカル機能を持つ時空間高分子材料の創成",
    フォトクロミズムの新展開と光メカニカル機能材料(監修:入江正浩, 関 隆広) シーエムシー出版, 230-235 (2011).
  3. 吉田 亮:
    "自励振動高分子を用いた動的表面の創製",
    未来材料 (2011).
  4. 上野智永,桶葭興資,吉田 亮:
    "ゲルの新規バイオミメティック材料としての展開",
    次世代バイオミメティックス研究の最前線(バイオミメティックス研究会編) シーエムシー出版, (2011).
  5. 吉田 亮:
    "自励振動ゲル",
    パリティ 26 (5), 35-37 (2011).
  6. R. Yoshida:
    "Self-oscillating gel as novel biomimetic materials",
    in Biomimetics Based Applications Intech Open Access Publisher, pp. 333-348 (2011).
  7. R. Yoshida:
    "Self-oscillating polymer gels",
    in Supramolecular Soft Matter: Applications in Materials and Organic Electronics (Ed. T. Nakanishi) John Wiley & Sons, pp. 239-253 (2011).

2010 年

  1. 吉田 亮:
    "自励振動高分子ゲル 時空間機能をもつ四次元マテリアル",
    驚異のソフトマテリアル 最新の機能性ゲル研究(日本化学会編) 化学同人, pp. 90-96 (2010).
  2. 吉田 亮:
    "自律的にリズム運動する高分子ゲル",
    化学と教育 58 (4), 178-179 (2010).
  3. 上野智永,桶葭興資,吉田 亮:
    "ゲルの新規バイオミメティック材料としての展開",
    機能材料 30 (12), 56-60 (2010).
  4. 桶葭興資,吉田 亮:
    "新規バイオミメティックゲルの創製",
    工業材料 58 (1), 38-39 (2010).
  5. R. Yoshida and T. Okano:
    "Stimuli-responsive hydrogels and their application to functional materials",
    in Hydrogel Handbook (R.M. Ottenbrite, K. Park, T. Okano, E. Schacht, Eds.) Springer, pp. 19-43 (2010).
  6. R. Yoshida:
    "Gels coupled to oscillatory reactions",
    in Nonlinear Dynamics with Polymers (J.A. Pojman and T.C. Miyata, Eds.) Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, pp. 115-134 (2010).

2009 年

  1. 吉田 亮:
    "自己組織化ゲル:時空間機能を持つ4次元マテリアルとしての高分子ゲル",
    高分子 58, 473-476 (2009).
  2. R. Yoshida:
    "Mechanochemical instabilities in active gels",
    in Chemomechanical Instabilities in Responsive Materials (P. Borckmans, P. De Kepper, A.R. Khokhlov, S. Metems, Eds.) Springer, pp. 39-56 (2009).
  3. 吉田 亮:
    "機能性高分子ゲルを用いた新しい生体模倣材料システムの設計",
    ファームテクジャパン 25 (11), 153-158 (2009).
  4. 吉田 亮:
    "光メカニカル機能を持つ時空間高分子ゲルの設計",
    光化学 40 (1), 57-60 (2009).
  5. 村瀬陽子,吉田 亮:
    "自励振動高分子ゲルを用いた人工バイオマシンの創製",
    化学工学 73 (4), 179-181 (2009).
  6. R. Yoshida:
    "Self-oscillating polymer and gels: temporal structure in gels",
    in Bottom-UP Nanofabrications: Supermolecules, Self-assemblies, and Organized Films (K. Ariga and H. S. Nalwa, Eds.) American Scientific Publishers, pp. 433-450 (2009).

2008 年

  1. 吉田 亮:
    "総論:ゲルの新しい機能性材料としての展開",
    ゲル・イノベーション エヌ・ティー・エス, pp. 6-42 (2008).
  2. 吉田 亮:
    "ゲル・高分子系におけるBZ反応",
    自己組織化ハンドブック(監修:国武豊喜) エヌ・ティー・エス, (2008).
  3. 鈴木大介,吉田 亮:
    "時空間機能を持つ自励振動ゲル微粒子の創製",
    化学工業 59 (2), 32-35 (2008).
  4. 吉田 亮:
    "ゲルの生医学分野への応用とその新展開",
    医療用ゲルの最新技術と開発(監修:吉田 亮) シーエムシー出版, pp. 1-6 (2008).

2007 年

  1. 原 雄介,前田真吾,橋本周司,吉田 亮:
    "自励振動ゲルの設計と機能材料への展望",
    27 (2), 40-49 (2007).
  2. 酒井崇匡,吉田 亮:
    "自励振動ゲルを用いた時空間機能表面の作製",
    表面科学 28 (11), 647-652 (2007).
  3. 吉田 亮:
    "自励振動ゲル",
    自己組織化ナノマテリアルフロントランナー60人に聞くナノテクノロジーの新潮流(下村政嗣, 山口智彦監修) フロンティア出版, pp. 333-340 (2007).

2006 年

  1. 吉田 亮:
    "自励振動ソフトマテリアル",
    31 (6), 307-312 (2006).
  2. 吉田 亮:
    "ATP 存在下で自己拍動するバイオミメティックゲルの設計",
    未来材料 6 (2), 28-31 (2006).

2005 年

  1. 吉田 亮:
    "自励振動ゲル 時間構造をもつゲル ",
    高分子 54 (7), 466-469 (2005).
  2. 原 雄介,吉田 亮:
    "心筋を模倣した新規自励振動型高分子の振動制御と on-off スイッチング機構の解析",
    高分子加工 54 (6), 9-14 (2005).
  3. 吉田 亮:
    "自励振動ゲル",
    図解高分子新素材のすべて(監修:国武豊喜) 工業調査会, pp. 230-233 (2005).

2004 年

  1. 吉田 亮:
    "新しい生体機能材料を目指した高分子ゲルの設計とそのマイクロ加工",
    成形加工 16 (10), 638-642 (2004).
  2. 吉田 亮:
    "リズム運動する高分子ゲル バイオミメティックマテリアルとしての新しい描像",
    現代化学 405, 23-30 (2004).
  3. 吉田 亮:
    "開放系としてのゲル リズム運動",
    高分子ゲルの最新動向(柴山充弘・梶原莞爾 監修) シーエムシー出版, pp. 251-261 (2004).
  4. 吉田 亮:
    "自己拍動機能を持つバイオミメティックゲルの創製と分子アクチュエータ機能",
    ナノバイオエンジニアリングマテリアル(石原一彦 監修) フロンティア出版, pp. 293-300 (2004).
  5. 伊藤嘉浩,吉田 亮:
    "機能性ゲルの微細加工",
    高分子 53 (5), 340 (2004).

2003 年

  1. 吉田 亮:
    "運動リズムのシンクロナイゼーション",
    ポリファイル 40 (477), 28-33 (2003).
  2. 吉田 亮:
    "化学振動反応を利用した自励振動ゲルの設計",
    Electrochemistry(電気化学および工業物理化学) 71 (5), 337-341 (2003).

2002 年

  1. 吉田 亮,岡野光夫:
    "高分子ゲル総説",
    ゲルと生命 田中豊一英文論文選集 東京大学出版会, p.59 (2002).
  2. 吉田 亮,岡野光夫:
    "機能性高分子<バイオミメティックおよびバイオメディカル機能> 先端技術を切り開く",
    高分子 51 (5), 330-331 (2002).

2001 年

  1. 吉田 亮:
    "生体機能を模倣した新しい自励振動高分子ゲル",
    繊維と工業 57 (12), 324-327 (2001).
  2. 吉田 亮:
    "心筋を模倣した自励発振ゲルの設計と応用",
    医学のあゆみ 199 (11・12), 766-770 (2001).

2000 年

  1. 吉田 亮:
    "自励発振機能を持つ新規な生体模倣型ゲルの設計と構築",
    25 (6), 287-289 (2000).
  2. 吉田 亮,山口智彦,国府田悦男:
    "筋肉モデルとしての自励振動ゲル",
    バイオミメティックスハンドブック(長田義仁 編) エヌ・ティー・エス, pp. 880-885 (2000).
  3. R. Yoshida, T. Yamaguchi and E. Kokufuta:
    "Novel self-oscillating polymer gels undergoing autonomous swelling-deswelling oscillation",
    in: Research Advances in Macromolecules Research Global Research Network, pp. 9-15 (2000).

1998 年

  1. 吉田 亮,国府田悦男:
    "化学・生物化学反応によって駆動する高分子ゲルの設計と構築",
    高分子論文集 55 (4), 182-191 (1998).
  2. R. Yoshida and T. Yamaguchi:
    "Self-oscillation of polymer gels coupled with non-linear chemical reaction",
    in Biorelated Polymers and Gels : Controlled Release and Applications in Biomedical Engineering (Ed. T. Okano) Academic Press, pp. 71-91 (1998).
  3. 吉田 亮:
    "温度応答性ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)ゲルを利用したコントロールドリリース",
    日本臨牀 56 (3), 118-122 (1998).

1997 年

  1. 山口智彦,吉田 亮:
    "高分子ゲルの自律的膨潤・収縮振動",
    高分子 46 (9), 691-693 (1997).
  2. 吉田 亮,高橋利和,山口智彦,一條久夫:
    "自律振動ゲル",
    化学と工業 50 (7), 1014-1016 (1997).
  3. 吉田 亮,高橋利和,山口智彦,一條久夫:
    "BZ反応を用いた高分子ゲルの自律的膨潤・収縮振動",
    化学工学 61 (6), 438-439 (1997).
  4. R. Yoshida, T. Takahashi, T. Yamaguchi and H. Ichijo:
    "New intelligent materials : Incredible self-oscillating gel",
    LOOK JAPAN 43 (494), 24-25 (1997).

1994 年

  1. R. Yoshida, K. Sakai and T. Okano:
    "Advances in polymeric hydrogels for control of drug release",
    Trends in Chemical Engineering 2, 59-73 (1994).
  2. R. Yoshida, T. Okano, Y. Sakurai and K. Sakai:
    "Control of 'on-off' switching temperature in pulsatile drug release using N-isopropylacrylamide copolymer gels",
    Proceed. Intern. Symp. Control. Rel. Bioact. Mater. 21, 646-647 (1994).
  3. 吉田 亮:
    "インテリジェントゲル 生体システムへの新しいアプローチ",
    インテリジェント材料 4 (3), 6-10 (1994).
  4. 岡野光夫,吉田 亮,桜井靖久:
    "薬物動態の時間的・空間的制御を行うインテリジェント型drug delivery system",
    人工臓器1994-1995(中山書店) pp. 277-281 (1994).

1993 年

  1. T. Okano and R. Yoshida:
    "Thermo-responsive property of poly(N-isopropyl-acrylamide-co-alkyl methacrylate)",
    in New Functionality Materials Volume B: Synthesis and Function Control of Biofunctionality Materials (Eds. T. Tsuruta et al.) pp. 189-196 (1993).
  2. T. Okano and R. Yoshida:
    "Intelligent polymeric materials for drug delivery",
    in Biomedical Applications of Polymeric Materials (Eds. T. Tsuruta et al.) CRC Press, pp. 407-428 (1993).
  3. 吉田 亮,酒井清孝,岡野光夫,桜井靖久:
    "ゲル表面をスイッチとするON-OFF薬物放出",
    バイオサイエンスとインダストリー 51 (1), 34-36 (1993).

1992 年

  1. R. Yoshida, K. Sakai, T. Okano and Y. Sakurai:
    "'On-off' switching mechanism of pulsatile drug release using thermo-responsive poly(N-isopropylacrylamide-co-alkyl methacrylate) gels",
    Proc. 1st Int. Con. Intell. Mater. pp. 393-396 (1992).
  2. 吉田 亮,酒井清孝,岡野光夫:
    "刺激応答性高分子による時間制御型ドラッグデリバリーシステム",
    17 (1), 33-41 (1992).
  3. 岡野光夫,吉田 亮,酒井清孝,桜井靖久:
    "時間および空間的制御による新しい DDS",
    人工臓器 1992(中山書店) pp. 284-296 (1992).

1991 年

  1. 岡野光夫,桜井靖久,吉田 亮,酒井清孝:
    "ドラッグデリバリーシステム",
    金属 61 (12), 63-70 (1991).

1990 年

  1. 吉田 亮,岡野光夫,酒井清孝,桜井靖久:
    "ドラッグデリバリーシステム",
    BME 4, 23-33 (1990).
  2. 吉田 亮,酒井清孝,岡野光夫,桜井靖久:
    "温度応答性ハイドロゲルによるパルス型薬物放出パターンの解析",
    化学工学 54 (12), 919-921 (1990).
  3. 岡野光夫,吉田 亮,酒井清孝,桜井靖久:
    "インテリジェント型ドラッグデリバリーシステムを目指して",
    DDS技術の進歩(嘉悦勲 編) 薬業時報社, pp. 99-118 (1990).