研究テーマ

細胞機能発現を制御する再生医療用ゲル足場材料の創成

本研究では,毛細管マイクロモールド法 (MIMIC) とコロイド結晶を用いた鋳型重合法を組み合わせることにより,リン酸基含有刺激応答性多孔体ゲルの基板上へのパターニングを行い,これをアパタイト析出の足場とすることでアパタイトの微細構造配列制御を行うことを試みています。
アパタイトとの複合化による細胞親和性の獲得と,膨潤収縮を通した多孔体ゲルの孔径変化による表面粗さの制御が可能になり,動・能動的に細胞に作用する新規な足場材料開発に繋がると考えられます。

MIMIC により作成されたコロイド結晶鋳型