研究テーマ

電子伝達回路を有する人工光合成ゲルの設計

生体の高次機能の代表例として光合成があげられます。
本研究では,外界とエネルギー・物質の移動に開放的なゲルを用いることにより,可視光と水を供給源として,水素と酸素を発生させる人工葉緑体の実現を目指しています。

可視光により励起される,完全人工の電子伝達回路をゲルの網目構造に組織的に内包すれば,各物質の自律的な機能を維持し,物質拡散の制御,反応への網目による動的関与を利用して,反応サイクルを協同的に起こすことが期待できます。