研究テーマ

自己増殖・自己複製するバイオミメティックゲル

動態シミュレーションと自己組織化材料への応用

ゲルを媒体としてある種の化学反応を起こすことにより,動物や魚の皮膚に見られるような斑点や縞模様,あるいはバクテリアのように自己分裂・自己増殖するパターンを自発的に作り出すことができます。
これらは反応拡散系において生じる一種の定在波とみなされています。
さらにゲルの形状や網目構造を制御することにより,動的な変化を生み出す新しいパターンを容易に生み出すことが可能になります。
このような新しいパターニング技術による自己組織化材料設計への展開を試みています。

ゲル中で生まれる自己複製反応の数理シミュレーション
実験で得られた自己複製反応