研究テーマ

感温性金ナノ粒子の設計とバイオセンサーへの応用

近年,金ナノ粒子が水溶液中で凝集により色変化する特性を用いて,単一ヌクレオチドのセンシングや抗原センシングなど,種々のバイオ分析分野への応用が試みられています。

本研究では,金ナノ粒子に温度応答機能を付加することで新たな機能制御ができると考え,温度応答性のポリ-N-イソピロピルアクリルアミドによる金ナノ粒子の修飾を試みています。
金ナノ粒子に導入したポリマーの末端構造および分子量を制御することによって,温度による凝集状態の制御を行っています。

金ナノ粒子の温度による凝集と色変化